やり直し英会話専門家・English Speaker・英語で苦労した人

TOEICの時間配分+隙間時間を活用した英語学習

Yoshi
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Yoshi
30歳からのやり直し英会話専門家 30歳から突然のNY赴任。入国時の税関が何を入っているのか分からないところからスタートし、今では会議中、TVを見て爆笑できるまでに成長! 【好き】妻・2人の息子・神戸・NY・海外ドラマ・ドライブ

こんにちは。

 

30歳からのやり直しアドバイザーのYoshiです。

 

TOEICテストで高得点を取らなくてはいけないけど、なかなか点数が上がらない。

 

特に、最後まで終わらない。という人向けに今回、TOEICテストでの時間管理と勉強法について記事を書きました。

 

この記事をお読みいただくと

  • Partごとの時間配分
  • スキマ時間を使った、TOEICの勉強方法

この2つがわかります。

 

これからお伝えする内容は練習が必要です。

練習には、公式問題集が最適です!2019年6月に最新版出ました。

 

Partごとの時間配分

 

リスニングパート

ご案内の通り、TOEICはリスニングパートの前半とリーディングパートの後半に分かれております。

リスニングパートについては、音声が流れてそれに対する回答をするという流れですので、時間管理という点では特にお伝えできる点はないのですが、テクニックならあります。

 

それは、リスニング中はマークシートを塗らないです。

 

答えだと思うものにチェックだけして、しっかり塗るのは後でやります。

 

そうすることで、リスニングの絵などを先回りして見ておく時間が確保できるため、少しリスニングが楽になります。

 

リスニングパートは、まず先読みする、そのために、マークシートの塗りつぶしを後にする。が鉄則です。

 

 

Part5・6対策

 

つづいて、リーディングパートですが、

このPart5・6は文法問題です。

 

Part5は一問20秒

Part6は一問30秒

 

このペースで解いていきます。

 

このスピードは決して楽ではないです。しかし、やってできないスピードではないです。

 

しっかりとした事前練習を積めば、頭の中に解法パターンがしっかりと定着するため、やればやるほどスピード、正解率が高まるパートですので、しっかりと慣れましょう!

 

 

Part7対策

 

リーディングパート最大分量にして、最大の難関、Part7です。

 

このパートは、僕の周りの人、9割を取得している人でも正直辛いと皆言います。

 

どれぐらいのスピードで解いていくかというと、

 

1問1分が目標。

 

時間がかかってもわからないようなら、残念ながら諦めます。

 

この割り切りも能力、時間管理だと考えてください。

 

では、どのようにしてこのスピードを保つのか。

 

これはやりやすい方法で良いと思いますが、2つ方法があります。

  • 設問を読んでから、必要なところだけ問題文読む
  • 問題分を読んでから設問を読む

どちらも試してみて、やりやすい方法でやってみてください。

 

ちなみに僕は、設問を読んでから、必要な箇所を問題文から探すというふうにしています。

 

これは、仕事でもそうだからです。

 

調べものをしている時など、知りたいこと(質問)が頭の中にあり、それを探す作業をしていると思います。

 

TOEICのテストも、もちろんテストの点数を上げることが目標なのですが、どうせなら、仕事で使えるスキルも磨くということで、仕事でやっているやり方で問題文を解いています。

 

また、新形式になった出来たLINEのような問題が苦手な方が多いですね。

 

一度読んでも内容がうまく掴めない場合は飛ばして次に行きましょう!

 

どのよう勉強するか?スキマ時間の活用

 

TOEICは、じっくりと問題と向き合い解くというより、自分にできる問題を見極め、無駄な時間をかけずに解くことでスコアアップが狙えるということは、わかっていただけたと思います。

 

でも、それは分かるけど、どうやってそれをやるのかは別問題だと思います。

 

できるようになるためには、多くの問題を解いて、形式に慣れ、脳内にパターンを作るほかないと思います。

 

また、試験時間は2時間ですが、1日に2時間もまとめて時間を取れる人ってそう多くないはずです。

 

そこで有効なのが、アプリによる英語学習です。

 

英語のアプリの中でもTOEICに特化したスタディサプリがオススメです。



おすすめのポイント

  • 時間を測って勉強できるため、時間の感覚が身につく
  • スキマ時間で勉強できるため、トータルの学習時間を多く確保できる
  • スマホ一つで完結できる
  • クイズ感覚で学習できるため、続けやすい
  • 勉強の結果、総学習時間なども見れため、モチベーションを維持できる
  • 有名講師のビデオ解説でポイント学習ができる。しかもビデオ解説は短時間

 

まとめ

 

TOEICの受験を考えて、参考書や問題集を買ったけれど、結局やらずに積ん読になってしまった経験。

また、お金を払ってスクールに申し込んだけど、家での学習習慣がなく、結局総勉強時間は短かった。

 

多分ご経験されたことがあると思います。

 

そのまま試験を迎えたければ、結局時間がなかった。

 

 

やっぱりこれって、事前の準備、勉強しかないんです。解決するには。

 

しかし、「勉強」と構えてしまうと、なかなか開始が遅れてしまうのが常ですが、アプリなら立ち上げもすぐですし、10分だけ勉強っていう使い方もできるので、心理的にも楽に勉強できます。

 

スタディサプリは有料ですが、何年も使い続ける必要はなく、TOEIC受験という目標を持ったら、3ヶ月、半年、1年と期間を決めて取り組めばいいのです。

 

通勤時間、何かの待ち時間、コーヒー休憩中など1回あたりは短いものですが、集めると1日何十分、何時間にもなります。その時間を英語に当てるだけで、新たに学習時間をとる必要はありません。

 

その点からもアプリでの学習がオススメです。

 

アプリを使って、高得点を狙いましょう!

 

Best

Yoshi

この記事を書いている人 - WRITER -
Yoshi
30歳からのやり直し英会話専門家 30歳から突然のNY赴任。入国時の税関が何を入っているのか分からないところからスタートし、今では会議中、TVを見て爆笑できるまでに成長! 【好き】妻・2人の息子・神戸・NY・海外ドラマ・ドライブ

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 30歳からのやり直し英会話 , 2019 All Rights Reserved.