やり直し英会話専門家・English Speaker・英語で苦労した人

緊張して英語が話せないと思ったらやるべき1つのこと。

Yoshi
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Yoshi
30歳からのやり直し英会話専門家 30歳から突然のNY赴任。入国時の税関が何を入っているのか分からないところからスタートし、今では会議中、TVを見て爆笑できるまでに成長! 【好き】妻・2人の息子・神戸・NY・海外ドラマ・ドライブ

こんにちは。

 

30歳からのやり直しアドバイザーのYoshiです。

 

 

この間、朝の通勤時間、駅のホームでの出来事なのですが、

若い西欧系の女性2人がこっちに向かってきて、『3番ホームはどこ?』と、聞かれるということがありました。

 

 

昔だったら、

¨I’m sorry¨ とだけ言って去っていった僕ですが、

今回は、3番ホームと言われても3番ホームの場所が分からなかったので、『どこ行きたいの?』と聞き、

『あぁそれならこっちだよ。』と、教えてあげました。

 

 

昔は、外国の方と英語で話す時、ドキドキしましたし、シドロモドロになってましたが、

今回、突然外国の方に話しかけられてもドキドキしませんでした。

 

 

でもそれは、これからご紹介する方法を知っていて、それを実践しただけなんです。

 

本日は、その方法、急に外国の方に話しかけれれても緊張しない方法についてご紹介したいと思います。

 

【結論】ドキドキしたくないなら、事前準備をしっかりしましょう!

 

日本語だったら、全然ドキドキしないのに、英語で話しかけられるとすっごい緊張しますよね。

 

この緊張感は何を聞かれるか分からないから緊張していることが結構あります。

 

 

海外駐在をしていた時、

最初ろくにスタバでコーヒーも注文できなかった僕ですが、

ある日ふと気づいたらコーヒーを注文することに緊張しなくなっていたんです。

 

なんでなんだろう??って改めて考えると、難しいことはない、

 

想定の範囲のやりとりしかしないからなんです。

 

 

ただ、

『コーヒーください。』

と言うと、

『ミルク、砂糖いる?』

 

『いりません、ブラックで。』

『サイズは、トールサイズでお願いします。』

 

この程度が、想定の範囲のやり取りだからです。

 

なんてことない。

聞いてくることが分かると、ドキドキしないんです。

 

つまり、

ドキドキするのは、事前の準備が足りないから。

 

これが僕自身、

また、これまで多くの英語で苦労している人と話してきた、僕の答えです。

 

 

では、事前準備とは何をするのか?

 

その前に、英語そのものといいますか、英語の組み立て方がわからないという方は、こちらを参考にしていただければと思います。

 

突然話しかけられるケースって、道を聞かれるぐらいじゃないですか?

 

そもそもなぜあなたに話しかけるのか?

 

いきなり話しかけてくるなんて、

道を聞くか、はたまた変な勧誘かぐらいなもんです。

 

変な勧誘の場合、おそらく相手も多少は日本語を話すので、内容が分かり次第丁寧に退散。

 

では道を尋ねられた場合はどうでしょうか?

 

先程の僕のように、「3番ホーム」とか、「◯◯の前」みたいに、行きたい場所がイッパツで聞き取れ、

さらに、その答えを知っていればよいのですが、聞き取れない、知らない場合も往々にしてあります。

 

その場合、どのケースにでも対応できる質問がこちら

↓↓

「Where do you wanna go?」

 

コレです。

 

道聞きたいんだろうなぁという顔をしている外国の方が近寄ってきたら

 

まず

「Where do you wanna go?」と聞きましょう。

 

そうすると、知っている地名や場所が出てくるはず。

 

近ければ、指を指し、「Over there」とか、

「Go straight for two block and turn right at around the corner you can find seven eleven」とか言えばなんとかなります。

 

 

若干注意が必要なのがスマホです。

 

スマホを使って、道案内をしようと思っても、案外スマホは使えないです。

 

相手もだいたい持ってて、スマホで行けるところまで行ったけど分からず、あなたに道を聞いているという今があるので、案外スマホは使えません。諦めましょう。。。

 

また、最初のあぁ道聞いてくるなぁという観察眼が一番重要なファクターですので常に油断大敵。

カメラ持ってる人に「Where do you wanna go」なんて決して言わないように、まず相手の気持ちを予想しましょう!

 

道案内に使える、基本単語と英語フレーズ

 

でもいざ道案内をしたいと思っても、知ってる単語やフレーズが少なければやっぱり道案内はできません。

 

道案内でよく使う基本単語、しってると役立つ英語フレーズを載せておきました。

 

 

Corner            :      曲がり角

Traffic light     : 信号機

Junction       : 交差点

Go straight                  :    まっすぐ

on foot                          :    歩いて

in front of〜                 :    〜の前

across from 〜             :   〜の向かい

next to 〜                      :   〜の隣

 

これらの単語、フレーズをどのようにくっつけていけば良いのかは、こちらの記事を参考にしてみて下さい。

 

まとめ

ぜひ次回、

もし迷子の外国の方がいたらこちらからどうしたの?っていって挙げられるように

 

 

まず日本語で言いたいことを事前準備し、

想定回答を作っておきましょう!

 

 

何度か口に出すと口が覚えます!

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

参考に慣れば幸いです。

 

Best

Yoshi

この記事を書いている人 - WRITER -
Yoshi
30歳からのやり直し英会話専門家 30歳から突然のNY赴任。入国時の税関が何を入っているのか分からないところからスタートし、今では会議中、TVを見て爆笑できるまでに成長! 【好き】妻・2人の息子・神戸・NY・海外ドラマ・ドライブ

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 30歳からのやり直し英会話 , 2019 All Rights Reserved.