やり直し英会話専門家・English Speaker・英語で苦労した人

英語の会議の不安解消!発言をするための英作文

Yoshi
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Yoshi
30歳からのやり直し英会話専門家 30歳から突然のNY赴任。入国時の税関が何を入っているのか分からないところからスタートし、今では会議中、TVを見て爆笑できるまでに成長! 【好き】妻・2人の息子・神戸・NY・海外ドラマ・ドライブ

会議に出席し、自分の意見が言えなかった。そんな経験ありませんか?

英語の会議でも、日本語の会議でも出席している以上は何か発言したいですよね?

会議で発言するために、どんな訓練が必要なのでしょうか。その場、その場で適切に質問、判断する人はどのような訓練を行っているのでしょうか。

今回は、その訓練について記事にしました。やることは英作文です。

まずは、考えてみて下さい。

「英語で意見を言う」を考えると、①英語が話せる、②内容のあること、論理的に発言できるという2つの要素があります。

この2つが組み合わさり、会議でしっかりとした発言ができるようになります。

では、1つずつ見てきましょう。

①英語が話せる:英作文だと時間をかけて進められる

①英語が話せるに関しては、他の記事でもご紹介していますが、まず、基本的な英単語を覚える、言葉のつながりであるフレーズを覚える、フレーズをつなげる英作文のやり方を覚える。という3ステップをご紹介しました。

おそらく、「英語を話す」と言うと、英会話がまっさきに出てくるかと思いますが、なぜ英作文なのか。当然、英会話にもメリットが多くあるのですが、はじめは英作文から始めた方が良いと思います。

その理由は、

英作文だと、

  • 伝えたい内容を考える時間がしっかり取れる。
  • 記録が残るので、添削がしやすく、復習ができる。
  • 音読による復習をすることで、より英会話能力が向上する。

一方、英会話だと

  • 質問自体がよくわからない場合がある。
  • 相手があることなので、喋れないと焦る。
  • 焦ると単語を並べただけになる。
  • 記録が残らず、記憶だけなので復習がしづらい。

そのため、英語をまったく話せない人には、英作文からおすすめしています。ある程度英作文ができるようになってから英会話をするほうがより効率的だと思います。

 

②内容のあることを言う:英作文を継続するとゼロ秒思考ができる

②内容のあること、論理的に発言できるについてですが、会議の場での鋭い意見がまさにそれですよね。

鋭い意見を言うためにはどのようなトレーニングが必要なのでしょうか。

マッキンゼーで14年間活躍し、現在「日本発の世界的ベンチャー」を生み出そうと活動をしている赤羽雄二氏は、「誰でも、確実に頭が良くなる方法がある」という。しかも、ペンとA4の裏紙を使うだけの、お金もほとんどかからない方法だ。その詳細を記した『ゼロ秒思考』は、2013年の発売以来ロングセラーとなり、累計で17万部を超える大ヒットとなっている。

「明らかに日々の思考量や行動量が増えた」
「打てば響くような会話ができるようになった」
「嫉妬やパワハラに負けない精神力が身についた」

という声が多数届くだけでなく、現役のトップアスリートも実践してパフォーマンスの向上に効果を上げているという。

トップアスリートも実践! 思考力と精神力をアップさせる『ゼロ秒思考』とは?

詳細な方法は著書をお読みいただければと思いますが、簡単に言ってしまうと、思いつくままに書きなぐっていくというトレーニングです。そうすることで、思考力がアップし、会議で鋭い質問ができるようになります。

言いたいことを書いてみる

えっ、ただ書きなぐるだけでいいの?

一見簡単そうですが、いざやってみると難しいので、今、疑問に思っていること、関心があることなどをいくつかリストアップしてみて、それに対する自分の思い、考えを英語で書く、英語で書く際は結論を述べ、理由を2〜3挙げ、最後にもう一度結論を述べるという方法が良いかと思います。

 

例えば、「もうすぐ冬がくるなぁ」に対し、自分の思いや思いついたこととして、

I like winter.

Because, I like ski.

Food is good.

And, I love Hot Spring.

So, I can not wait for coming winter.

など、思いつくままに英語を書いていく。そうすると思考力がアップし、鋭い意見が言えるようになります。

まとめ

僕は、毎朝英語のニュースを見て、そのニュースに対する感想などを英語で書きなぐるようにしています。そうすることで、そのニュースが話題になったとき、英語で議論することが可能になります。また、その記事に対しどのような切り口で分析すれば意見が言えるのかなど、書きながら思考することができ、まさに思考力がアップしているのが実感できます。

英語の会議で鋭い発言をする為には、英作文を継続し、英会話能力の改善と思考力をアップさせましょう。

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
Yoshi
30歳からのやり直し英会話専門家 30歳から突然のNY赴任。入国時の税関が何を入っているのか分からないところからスタートし、今では会議中、TVを見て爆笑できるまでに成長! 【好き】妻・2人の息子・神戸・NY・海外ドラマ・ドライブ

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 30歳からのやり直し英会話 , 2019 All Rights Reserved.