やり直し英会話専門家・English Speaker・英語で苦労した人

英語が聞き取れない!を解決する1つの方法

Yoshi
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Yoshi
30歳からのやり直し英会話専門家 30歳から突然のNY赴任。入国時の税関が何を入っているのか分からないところからスタートし、今では会議中、TVを見て爆笑できるまでに成長! 【好き】妻・2人の息子・神戸・NY・海外ドラマ・ドライブ

こんにちは。

 

30歳からの英語やり直しアドバイザーのYoshiです。

 

英語の勉強を続けているけれど、ふと流れてくる英語が全く聞こえず愕然とした過去を持つYoshiです。

「おすすめ」と言われる勉強法を試し、だんだんと英語が聞こえるようになってきたと思いきや、

ふと耳にする英会話、英語のドラマを聞くとまだまだ何も聞こえず、愕然としたことありませんか?

 

 

英語を聞き取るようになる日は来るのか。途方ににくれていた時、ある方法を教えてもらいました。

その人は話す英語も自然で、聞き取りも完璧。

 

そんな方法を今回はご紹介したいと思います。

 

 

【結論】英語の区切りを意識すると聞こえるようになる

 

日本語を話しても、変なところで区切られると「それなに!?」ってなりませんか?

 

例えば、「フ  ジサン」

「フ持参?」

 

「何それ?」ってなりますよね。

 

富士山と言われて、あの大きな山がビジュアルとして頭の中に出てきますよね?

 

英語もそうなんです。

 

英語にも区切りの良い場所が存在します。

 

そして、その区切りで意味を捉えると、英語が断然聞き取りやすくなります。

例えば、こちらをご覧下さい。

I am honored to be with you today at your commencement from one of the finest universities in the world. I never graduated from college. Truth be told, this is the closest I’ve ever gotten to a college graduation. Today I want to tell you three stories from my life. That’s it. No big deal. Just three stories.

 

こちらは有名な故スティーブ・ジョブス氏のスタンフォード大学卒業式でのスピーチです。

 

上は、スピーチの冒頭を抜粋したものです。

 

このスピーチを実際に「区切り」を意識するとこんな感じになります。

I am  /  honored to be with you today  /  at your commencement   /   from one of the finest universities in the world.

Truth be told,   /   I never graduated from college.

And the  / , this is / the closest  /  I’ve ever gotten to a college graduation.

Today /  I want to tell you three stories  /  from my life.

That’s it.

No big deal.

Just three stories.

 

「区切り」を意識してもう一度聞いてみて下さい。

 

少し聞きやすくないですか?

 

あと、英語の意味をダラダラと理解するのではなく、区切られた文章を一気に頭の中でイメージ化するというのがコツです。

これができると、英語が格段に聞き取りやすくなります。

 

「区切り」が分かると、英会話も自然になる

 

英語の「呼吸」、区切り、フレーズが分かると、英語を聞き取りやすくなるだけではなく、

英語を話す時もそのフレーズを1つのまとまりにして、ひと呼吸で話し、それらをくっつけていくだけで

自然な英語が話せるようになります。

 

でもコツをしったからといって、今すぐできるものではありません。

 

英語の「区切り」を使いこなす。それには、海外ドラマをひたすら見ましょう

 

「区切り」にもいくつかルールらしきものがあるのですが、ルールを覚えるというよりやはり慣れるというのが適切だと思います。

 

実際、先程のジョブ氏のスピーチの冒頭でもルールらしきものがあるのですが、例えば、前置詞の前で区切るとか。

 

しかし、ノンネイティブの私達が、「あっ次、前置詞来る!!」ってわかるわけ無いです。

 

それよりも、しっかり顔を見て、「あっ呼吸するな」って方がわかります。

 

そして、呼吸するなってところまでを1つのまとまりとして理解する。イメージできるものはしてしまう。

 

これを何度か繰り返していると、よく使うフレーズなどに慣れ、英語を聞き取りやすくなります。

 

僕は、海外ドラマのフレンズにハマり、これまで全シーズンを3回以上見てると思います。

正直最初は全く分からなかったですし、英語字幕にしても読むのが追いつかない状態でした。

フレンズにハマる前は、本屋によくあるCD付きの本を買って頑張って聞いたりしてました。

しかし、何冊かって練習しても全く聞こえるようになりませんでした。

 

でも、フレンズを最初から最後まで見終わった頃、英語が前よりもクリアに聞こえるようになりました。

 

このたくさん聞くという作業は、本当に根気強く時間がかかる作業です。

なので、自分が観て楽しいものを選んで下さい!じゃないと続かないです。継続こそ力なりです。

 

まとめ

会話の「区切り」を意識して、好きな海外ドラマをたくさん見て下さい。

英語字幕でみる方法、日本語字幕で観る方法などあると思います。

 

正直これはお好きにですが、最終的には英語音声だけでいけるように、まず日本語字幕、次に英語字幕、最後に英語音声だけのように、徐々に音にだけ集中できる環境にできるとより良いと思います。

 

何か質問があればお気軽にお問い合わせ下さい。

 

ご参考になれば幸いです。

Best
Yoshi

この記事を書いている人 - WRITER -
Yoshi
30歳からのやり直し英会話専門家 30歳から突然のNY赴任。入国時の税関が何を入っているのか分からないところからスタートし、今では会議中、TVを見て爆笑できるまでに成長! 【好き】妻・2人の息子・神戸・NY・海外ドラマ・ドライブ

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 30歳からのやり直し英会話 , 2019 All Rights Reserved.