やり直し英会話専門家・English Speaker・英語で苦労した人

基本動詞をマスターしよう! 〜Get〜

Yoshi
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Yoshi
30歳からのやり直し英会話専門家 30歳から突然のNY赴任。入国時の税関が何を入っているのか分からないところからスタートし、今では会議中、TVを見て爆笑できるまでに成長! 【好き】妻・2人の息子・神戸・NY・海外ドラマ・ドライブ

こんにちは。

 

30歳からのやり直しアドバイザーのYoshiです。

 

前回、ノンネイティブの僕たちが覚えるべき単語リストをご紹介させていただきました。

英単語のそれぞれを見たことがある、聞いたことがある、意味を知っているというのは非常に大事なことですが、それぞれの単語が持つ意味をより丁寧に理解し、英会話で使えるようにしておくことはもっと重要です。

特に動詞は丁寧に理解しておく必要があります。

 

例えば、今回ご紹介するGetを「手に入れる」とだけ覚えていたとします。

この状態で、何かGetを使って英語を話してみて下さいと言われても、何か英文が思い浮かびますか?

 

I got up early this morning.

I got to the office.

I get on the train.

 

これらの英語が思い浮かびますか?

ただ、手に入れるとだけ覚えていたのでは、これらの英文は思いつかないと思います。

 

しかし、僕たちは、シンプルで誰にでも理解できる英語を駆使し、シンプルな言い回しで英語を話したいわけです。

そのためには、基本的な動詞の活用方法をよく理解する必要があります。

 

今回はその1つGetについてご説明します。

 

「Get :手に入れる」とだけ覚えても英会話では使えない

 

英単語を覚えるというと、まず売れている、人気のある英単語帳を買い、その英単語帳に書かれている勉強方法に沿ってそれらの英単語を覚えるということをこれまでされてきたかと思います。

 

かくゆう僕も、英語の音に注目して覚える方法、眺めて覚える方法、語源に注目して覚える方法などなど

いろいろ試しました。

 

でもNYに駐在していて、英語を実際に話す努力をするようになって気づいたんです。

 

難しい単語、ギリギリ覚えている単語、考えないと出てこない単語は会話ではまず使えない。

 

では、単語の何を知っていればいいのか?

 

答えは、基本的な単語の活用方法を知っておくということです。

 

ただ、「Get;手に入れる」と覚えても

I get call.

I got mail.

などのまさに、手に入れるという意味の英文は作れるのですが、Getが持つより広範な活用方法を使って英作文できません。

 

Getの活用方法、具体例を知らないと使えない

 

広範な活用方法を使いこなすのは簡単です、具体例を知れば良いだけです!

 

ここで勘違いしないでいただきたいのが、Getの基本イメージを掴むとか、語源をしるという方向に流れてほしくないのです。

 

実際、僕は単語のイメージをつかむ事ができれば、英語が話せるようになると信じチャレンジしていた時期がありました。

結局イメージを掴んだところで、やっぱり英語は話せません。

だって、活用方法をしないからです。

イメージは知っていたほうが良いです。でも、活用方法を具体的に知ってからで良いと思います。

 

Getの具体な活用例

以下に、Getを使った具体的な活用例を載せています。

 

ただ見て、わかった感じで終わるのではなく、いくつかの単語を自分が思いつくままに変えてみて、1つ1つのフレーズをしっかりと身につけて下さい!

 

  • Get across : communicate, make understandable

We must get across the simple fact that drugs are dangerous. 

The message isn’t getting across.

 

  • Get along : like each other

We’ve always got along quite well.

 

  • Get around : have mobility

The best way to get around in Tokyo is by subway.

 

  • Get away  :  go on a vacation

We worked so hard this year that we had to get away for a week.

 

  • Get away with something : do without being noticed or punished

No one insults my family and gets away with it!

 

  • Get back : return

I get back from vacation.

 

  • Get something back : receive something you had before

I finally get my notes back from my classmate.

 

  • Get back at somebody : take revenge

His brother get back at his elder brother for punching him.

 

  • get back into something : become interested in something again

I finally got back into playing soccer.

 

  • get on something : step onto a vehicle

We get on the bus.

 

  • get over something : recover from an illness, loss, difficulty

I just got over the flu and now my sister has it.

 

  • get over something : overcome a problem

The company will have to be bankrupt if it can’t get over the problems.

 

  • get round to something : finally find time to do

I don’t know when I am going to get round to writing the thank you cards.

 

  • get together : meet

Let’s get together for a BBQ this weekend.

 

  • get up : get out of bed

I got up early today to study for my exam.

 

  • get up : stand

You should get up and give the man your seat.

 

まとめ

僕は、覚えるべき英単語はOxford3000で十分だと思っています。

しかし、せっかく覚えた英単語をすべて活用できていない人を多く見てきました。

決して難しくありません。でも知らないと思いつかない表現というのが英語にはたくさんあります。

例えば、「Getは手に入れる」とだけ覚えていると、「get up:起きる」という発想にはなりません。

単純に知っていれば良いだけです。難しいことではありません。

ぜひ、このブログを使って、最小限の努力で英語を話せるようになっていただければと思います。

 

Best

Yoshi

 

この記事を書いている人 - WRITER -
Yoshi
30歳からのやり直し英会話専門家 30歳から突然のNY赴任。入国時の税関が何を入っているのか分からないところからスタートし、今では会議中、TVを見て爆笑できるまでに成長! 【好き】妻・2人の息子・神戸・NY・海外ドラマ・ドライブ

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 30歳からのやり直し英会話 , 2019 All Rights Reserved.